今さらながらスーパーで電子マネー使って気づいたこと。

電子マネーってSuicaかPasmoしかもってなくって定期以外の使い方をしてなかったけどこの前nanacoを作ってスーパーで使ったらちょっと感動した。

近所のスーパーで一部をセルフレジにして実験してたけど、しばらくしたらセルフレジはなくなって全レジで支払いだけがセルフになってた。一つのレジに支払い用の機械が2つセットになってて効率よくさばけるようになってる。

でも電子マネーだとそもそも支払いってのが一瞬。しかもnanacoだとみんなに使ってもらうように月3日は5%割引までついてる。仕組みとしてこりゃいいなと思った。

別の近所のスーパーはものすごく安いけど従来通りのレジの仕組みでどうしても支払いでは時間がかかる。なので混雑時はどのレジも列ができる。ランニングコストだけみるとたぶん圧倒的に電子マネーのほうがやすくなるよね。

お金を扱わないと、1)お釣りなど間違えない、2)お金の補充がいらない、3)現金の締め処理が楽、4)レジが混まない などなどメリットいっぱいあるなぁ。そのうち「久しぶりにお金さわった!」なんてことになるなとも思った。今は切符がそうなりつつありように。

だから
nanacoやらpontaやらWAONとか呼びやすい名前でいろいろ出てきてるんだなと。でもいまのままだとこんなカードを幾つか持つことになりそうなのでそうならないようにして欲しい。1枚にまとめられるようになるか共通のカードになるか。多少メリットあってもカード作らない派としては切に願います。顧客情報を取られないApplePayってのもいいよね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ストーリーが主役でモノが脇役なコレジャナイロボ

我が家にコレジャナイロボがやってきたのは6年くらい前かな?初めてそのストーリーを読んだ時にはおもしろくてニヤニヤ笑ってたのを思いだします。

今から思えばこれが最初にして今でも最高にストーリーに惚れ込んで買ったモノです。ぶっちゃけモノとしては何も役に立たない。飾っておくだけのモノです。

安っぽい出来がさらに価値をあげるっていう不思議なモノです。というかずるいってまで思う。出来が悪いほど価値あると感じてしまう。

で、コレジャナイロボはストーリーが大事ってことを思い出させてくれるモノとして飾ってあります。主役はストーリーでモノはそれを思い出すツールな感じです。

それほどストーリーは衝撃的かつ作為的には感じない。当事者が一番楽しんでるんじゃないかと感じる。

だからおもしろい!

IMG_6860.JPG

カテゴリー: 未分類 | コメントする

プリンタが1万円の時代なんですね

8年前に買ったプリンタのヘッドが壊れて修理しようと思ったけどメーカー補償も切れてて修理できないため買い替えました。モノは故障しても基本的に修理して使い続けたいのですが今回は買い替えました。

IMG 6034

8年前はキャノンのMP950が5万円程したのに今回購入したMG6530は1万円。確か8年前はインクは付いてなくて別に買った記憶がありますが今回は新品のインクが付いてこの価格です。ちなみにMG6530は後継機のMG6730ってのが発売されたので安く売ってるのもあります。我が家ではそんな最新式は不要なので型落ちで十分です。

普段からあまり使わないプリンターですがMP950のインクより持ちが良くなってランニングコストがL版で2円は安くなってるとの事でした。あまり使わないのにランニングコストがかかるのも気になってたので1万円ならという思いで購入です。

家でプリンターを持っておく事がホントに必要なのか考えましたが、年末に向けての年賀状と小4の娘がインターネットで調べたものを印刷して学校に持っていくのがあるため購入しました。プリンターは今回の購入が最後で、壊れる頃にはもうちょっとペーパーレスな環境が進んでいればよいなと思いました。

修理して使い続けるのには不向きなモノもあると自分を納得させながらの購入ですが、これは完全にインク代で稼がないとメーカーは儲けはないですね。ソフトで稼ぐゲーム機と同じだなと。

カテゴリー: 消費 | コメントする

子供には本人がおもしろいと思える事をやらせたい。

10歳の娘が幼稚園の頃よりMac、iPhone、iPadと我が家で使い始めたら子供にも手を伸ばせば使えるくらいの距離(環境)にしてきた。今までは情報を受け取るのがほとんどだったのであまりキーボードを打つこともなかったんです。

そのため当然ながら文字入力はできなくはないけどゆっくりと時には入力のしかたを聞いたりしながら文字を入力してました。

2年ほど前にキーボード早く使えるようにと思いダイソーでローマ字表が書いてある下敷きを買ってきてキーボードの横に置くようにしてみました。この下敷きには小さい「っ」、「ゅ」といったのが載ってなかったのでココだけまとまってる資料を見つけて印刷してクリアケースにいれて一緒においてました。

キーボード入力することがあまりないからたまに見て使う程度だったのがピグライフっていうネットのゲームで友達と会話を始めたら急に文字入力が必要となったようで、基本的なローマ字入力はすぐ覚えてダイソーで購入した方のローマ字表は使わなくなりました。濁音と小さい「っ」、「ゅ」とか載ってる方の下敷きまだまだ必要なようです。

ちなみにゲーム内では小学生とか子供のみでコミュニケーションがされるようです。

今までの情報を読むだけの一方通行から少しでも情報を発信していくようになるといろいろ考えるようになり身につくことが加速していくと期待してます。例えば、どこに住んでるの?どこの小学校?って聞かれた時にどう回答しようとか。

根本にはおもしろいかどうかであって、夢中になれるくらいおもしろかったら勝手に子供は覚えていくってのを今回再認識しました。親がガミガミ言ってもあまり意味ないのは認識してますがついつい言ってしまう親側も変わらねばと思いました。

カテゴリー: 教育 | コメントする

スーパーでセルフレジから支払いのみセルフに変わってた

近所のスーパー。一部にあったセルフレジがなくなったと思ったら全レジが支払いがセルフになってた。

IMG 5120


店員さんがピッとやって支払いは機械でやるって流れです。支払いの機械は店員さん1人につき2台あって支払い時間がボトルネックにならないように工夫されてました。

IMG 5125

 

支払いはこの機械で実施!

IMG 5122


たかがスーパーのレジって思えばそれまでですが客として店の改善を体験できるのがメチャおもしろいし、レジが混まない処理の速さがよくわかりました。比較的若い客層のスーパーなので全台機械に置き換えれたのもあるのかなと思いました。


一旦セルフレジで試してみたけど支払いだけセルフにするってのに戻してみる。試行錯誤してるのって応援したくなります。で、客側もやっぱりそうなったかって感じで一緒に学ばしてもらうっていうか楽しませてもらうのはロイヤリティが上がりますね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする