子供には本人がおもしろいと思える事をやらせたい。


10歳の娘が幼稚園の頃よりMac、iPhone、iPadと我が家で使い始めたら子供にも手を伸ばせば使えるくらいの距離(環境)にしてきた。今までは情報を受け取るのがほとんどだったのであまりキーボードを打つこともなかったんです。

そのため当然ながら文字入力はできなくはないけどゆっくりと時には入力のしかたを聞いたりしながら文字を入力してました。

2年ほど前にキーボード早く使えるようにと思いダイソーでローマ字表が書いてある下敷きを買ってきてキーボードの横に置くようにしてみました。この下敷きには小さい「っ」、「ゅ」といったのが載ってなかったのでココだけまとまってる資料を見つけて印刷してクリアケースにいれて一緒においてました。

キーボード入力することがあまりないからたまに見て使う程度だったのがピグライフっていうネットのゲームで友達と会話を始めたら急に文字入力が必要となったようで、基本的なローマ字入力はすぐ覚えてダイソーで購入した方のローマ字表は使わなくなりました。濁音と小さい「っ」、「ゅ」とか載ってる方の下敷きまだまだ必要なようです。

ちなみにゲーム内では小学生とか子供のみでコミュニケーションがされるようです。

今までの情報を読むだけの一方通行から少しでも情報を発信していくようになるといろいろ考えるようになり身につくことが加速していくと期待してます。例えば、どこに住んでるの?どこの小学校?って聞かれた時にどう回答しようとか。

根本にはおもしろいかどうかであって、夢中になれるくらいおもしろかったら勝手に子供は覚えていくってのを今回再認識しました。親がガミガミ言ってもあまり意味ないのは認識してますがついつい言ってしまう親側も変わらねばと思いました。


カテゴリー: 教育 パーマリンク