プリンタが1万円の時代なんですね


8年前に買ったプリンタのヘッドが壊れて修理しようと思ったけどメーカー補償も切れてて修理できないため買い替えました。モノは故障しても基本的に修理して使い続けたいのですが今回は買い替えました。

IMG 6034

8年前はキャノンのMP950が5万円程したのに今回購入したMG6530は1万円。確か8年前はインクは付いてなくて別に買った記憶がありますが今回は新品のインクが付いてこの価格です。ちなみにMG6530は後継機のMG6730ってのが発売されたので安く売ってるのもあります。我が家ではそんな最新式は不要なので型落ちで十分です。

普段からあまり使わないプリンターですがMP950のインクより持ちが良くなってランニングコストがL版で2円は安くなってるとの事でした。あまり使わないのにランニングコストがかかるのも気になってたので1万円ならという思いで購入です。

家でプリンターを持っておく事がホントに必要なのか考えましたが、年末に向けての年賀状と小4の娘がインターネットで調べたものを印刷して学校に持っていくのがあるため購入しました。プリンターは今回の購入が最後で、壊れる頃にはもうちょっとペーパーレスな環境が進んでいればよいなと思いました。

修理して使い続けるのには不向きなモノもあると自分を納得させながらの購入ですが、これは完全にインク代で稼がないとメーカーは儲けはないですね。ソフトで稼ぐゲーム機と同じだなと。


カテゴリー: 消費 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>