ストーリーが主役でモノが脇役なコレジャナイロボ


我が家にコレジャナイロボがやってきたのは6年くらい前かな?初めてそのストーリーを読んだ時にはおもしろくてニヤニヤ笑ってたのを思いだします。

今から思えばこれが最初にして今でも最高にストーリーに惚れ込んで買ったモノです。ぶっちゃけモノとしては何も役に立たない。飾っておくだけのモノです。

安っぽい出来がさらに価値をあげるっていう不思議なモノです。というかずるいってまで思う。出来が悪いほど価値あると感じてしまう。

で、コレジャナイロボはストーリーが大事ってことを思い出させてくれるモノとして飾ってあります。主役はストーリーでモノはそれを思い出すツールな感じです。

それほどストーリーは衝撃的かつ作為的には感じない。当事者が一番楽しんでるんじゃないかと感じる。

だからおもしろい!

IMG_6860.JPG


カテゴリー: 未分類 パーマリンク